はくにゃんの調書

日記、何もしていないことに気がつく

読む練習その1

先日発売かいしされた鈴木一平『灰と家』から「岸辺の木」というさくひんをとりあげてみる。

 

引っ越した町の、うす青い空の日差しで

水面をとりもどす雲に、細かく映ったとおくの小屋は

遅れてやってくる

木の高さで枝がゆれたあと、すこし遅れた時間にも

なじむよう、ここに届くまでの時間をまねて

雲のうしろを抜けたあと

目の高さまで届けられた木が、話しかけてくる

太字引用者。

ひとことで言うなら、なんてことのない風景のようだ。恥をしのんで書くなら、川か湖の岸辺、雲がかかっていて、日がさせば、水面も色をとりもどすかのように、波間に刻まれながら映るとおくの小屋という、まぁ、そういった景色というふうにも考えられる。

だけど、とうぜんそんなふうには書かれていない。遅れてやってくるは小屋なのか 木なのか高さなのか。時間なのかもしかすると光なのか、そのことが気にかかり、抵抗となってそのあとの行にまでひきづられていく。いや、そもそも小屋が映ったのは雲なのか、ということにも遡及して、そういったいくつかの主体の可能性を感知しながら、埒が明かないので次の行へいく。木の高さとあって、ただ木とあるのと、木の高さとあるとでは、まず、木の高さまで至るながめるぼくの目の動きを思い出し、また、高さとはいっても、とおくからながめれば、木は目線の先にもあり、この高さも抵抗となっていく。すこし遅れたのところで、この高さについての無駄かもしれない受け止めを指摘されているようにも感じ、そうせざるをえず、笑いながら次の行へ。ズレがあるここに届くまでの時間をまねて、あと、とあるところで、時間をまねる、景色をまねる、光をまねる、と至り、雲のうしろ…を無視して、再びあらわれた目の高さを見、までを見、届けられた木を見て一連目が終わる。ここに届くまでの時間をまねての部分が大きな核となっているのではないか。ここに届くまでの時間を考えるキッカケになるからだ。水面は、雲は、小屋は、木の高さは、そもそも青い空は、どのようにしてここにあらわれたのか、ということをぼくに意識付けし、目の高さにいたるまでの一連の動作に抵抗と遅延をもたらす。そのさい、ここ、まで、あと、といった語までが、かつてないほどに動作や時間をふくんだものとして立ち上がってくる。いっしゅの再帰関数的感覚がある。話しかけてくる。

 

二連目。

さっき川べりの土手にはこんで、乾かしたはずの木陰が

また落ちていて、木の高さほどの日だまりに

かど部屋の、山茶花のなかに

あらわれる野を横切る雲が、景色は

しずかに厚くなる、いまは見えないところまで

目の高さを乗せた木は

それが倒れこむ土砂の影だったと気づく

太字引用者。

木陰を乾かす、落ちる、また木の高さ、日だまり、ときて目がうごくうごく。そろそろ処理しきれなくなり、ぼくも横切ってとばしとばし。そして、目の高さを乗せた木。目の高さを乗せた木。何も知らないでこの行だけを読めば、目の/高さ/を/乗せた/木として、わからなさだけがあるところを、ここまで読んできたなかでの読み方の練習みたいなものの成果として、この一行をはっと輝かせる、目を見晴らせる一行として読むことができるという、ただそれだけのはなし。

 

これがあってるのかどうか、あっているということがあるのか? あとは読み返す中でまた気づくこともあるだろうが、ひとまず備忘録的にここに書いておく。違うところに目が行き、加筆、修正することももちろんある。とにかく、読み切れなさがある。これは高慢かな。だが、たとえばこの詩に関しても、左のページにある横文字をどう取り込めばいいのか。わからないことが多い。

ルビ詩と言われてているものの、画期的な読み方を誰か書いてくれないかそれを待つ。行と行とに挟まれたルビ行が目を惑わす。おれみたいにもう無理だ、となれば、とうぜんルビはルビだけで読んでみたりもした。それはそれで良い。良いのだが、二行を同時に取り込んで次の行へというのは、はっきり言って二行が限界だ。なにも考えられない。この目と頭の悪さを恨みつつ、、、

ところで、はじめて引用機能を使ったのもあり、またスマートフォンからの編集というところがあり、ただしく引用できてきるか不安である。改行などに問題がなければいいが。

いまは新幹線のなか、充電が30%をきった。

 

追記

スマートフォンから確認。同じ行であれば、あぶれたぶんは一段頭下げてというしきたりもあるような気がしますが、ここではやってません

Your call sign

ということでやっとみにいきました、Your call sign。あらすじ。ネタバレ中尉。どこにでもいる平凡な高校生だった瀧くん。ずっと何かを探している気がする、そんな新〇誠的感覚に恵まれた彼は、大成建〇株式会社のCMに胸を打たれ、就職活動を無事再開していた。なんとか社会のビッグウェーブに乗り遅れなかった彼は、しかし、自分がどうやって童貞を捨てたのかもおぼつかない。一方、どこにでもいる平凡な貧乳である三葉は、町外れの麦畑に建設中だった高速道路、その建設が決まったとき町長が得意げに演説したことを覚えている。ただ町の横を素通りするだけの道であったのに――。貯金もたまりアーロンチェアを購入するほどにまでなった瀧くんの人生を待ち受けるのは、ISAF加盟国の集団的自衛と平和維持を目的とし、加盟国が武力攻撃を受けた場合、他の加盟国が軍事的にその国を援助する、大規模な国家間同盟機構だった。3年前、ロシュ限界を突破した小惑星ユリシーズ (Ulysses) の破片を大気圏突入後に燃え尽きる大きさに砕く目的で開発された、火薬による発砲と電磁加速を併用したハイブリッド式地対空レールガン。正式には『120cm対地対空両用磁気火薬複合加速方式半自動固定砲』と呼ぶ。本来の目標である隕石ばかりか、約650海里(約1200km)の射程圏内で高度2000フィート以上を飛行する航空機に対しても絶大な破壊力を有していた。サンサルバシオン国内の砂漠地帯に8基設置されていたが、小惑星ユリシーズの衝突によってエルジア共和国首都付近にその破片が落下、数万人が死亡する。これを含め大小10個の隕石が領内に落下し、ユージア大陸内に存在する国家の中でも特に大きな被害を受ける。しかし、大陸全体で数百万人といわれる被災難民の最大の受入れ先として期待されたため、60万人以上という大量の難民が校庭に押し寄せ、結果的に同国に押し付けられる形となってしまう。これが元々対立状態にあった他諸国との更なる関係悪化を招き、開戦のきっかけとなる。スマートフォンがなる。これってもしかして、俺たち、早速だが出撃任務?!先ほど早期警戒レーダーが敵の工作員に破壊され、爆撃機数機が領空に侵入した。 敵は15分後にアレンフォート飛行場上空を通過、それを爆撃したのちノースポイントへ向かうつもりらしい。 我が軍の防空火力は脆弱で、総司令部は張り子の基地も同然だ。こちら管制機スカイアイ、聞こえるか?君のコールサインは、えーと、なんだっけ?貴機はこちらの管制下に入った。まもなく爆撃機が見える、全機撃墜せよ。今日は俺の誕生日だ。花澤香菜をプレゼントしてくれ。次回 Your call sign第6話「無敵艦隊封殺」さーて次回も、エンゲージエンゲージ。

 

M's ACE COMBAT 04 - 台詞資料

エースコンバット04 シャッタードスカイ - Wikipedia

※上記リンク先より随所引用改変しました、こんなしょうもないことに。。。

 

あらすじおわり。きっと東京と田舎という2項を使った批評もたくさん書かれていることだろうと思う。これっていつ公開されたものだったっけ。だいぶ、公開から時間も経ってしまって、朝の番組での特集なんてしょっちゅうで、そのたびにテレビから離れたりチャンネルを変えたり、ブルーレイになるまで待つかとも思っていたけど我慢できず。平日の昼間にしては、お客さんいたほうではないだろうか。とくに目を引いたのは、この映画カップルで見る人がおおいみたいなはなしもあったけれど、初老くらいの夫婦の数!こういう人たちが見てるから興行収入も底上げされているのかもね。夫婦でみたりカップルでみたり、うーん、それにぴったりな内容だと思います。とくに感想もないけど、たしか元元元彼女がいいことをツイートしてたような気がする。まさに。でもより心を打ったのは、シンジュクやそこらの夜景だった。タケモトくんにむりやり連れられてなんども高いところから見たシンジュクシティ。いまぼくは遠く離れたウエストサイドにいるけれど、あの風景があのころと変わらず、そして少しずつ変わりながら、3年やそれ以上の期間のズレをどう自分に釈明するのか。行ったことのある、住んだことのある街について話す口ぶりは、どこか懐かしい。そろそろ電車で遠くまで人に会いに行くのをやめてくれ。

あと今朝はやく起きていると〇〇〇さんのツイートをRTしてブチ切れている人がいた。たしか、音楽の聞き方に対するなにか?言い方も含めてキレがある感情の摩天楼ツイートをなぜ人は消してしまうのか。是非もう一度投稿してほしい。

ぼくはと言えば、ここ最近「武本宗一郎の憂鬱」というタイトルで小説を書こうと思っていたのだが、それがまた今日いちだんと深まった。

20161113

こんかい見つけた、といってもぼくが見つけたのでは到底ないだろう、使えるようになった、なってはいないだろう、ひとつの雛形になりうる仕組み、みたいなものをこんご使って、なにかを前向きに仕上げていきたいなとあらためて思った。自身初の量産が可能かもしれない。けっきょく、きっかけでしかないのに、いままでそのきっかけでジャンプしないで、火がついた導火線のままどこにもたどり着かない導火線のようにどこかへ散逸していったはずのなにかの活力みたいなものがいまなんだかあって、こうしてこの時間まで眠れずにいる。そしてそして、人の書いたものにここまでおもしろいと(無邪気に?)(遠さ由来の?肌の?)感じる日々がなつかしく、まあたらしく、なにかの啓示かとおもうくらいにいっぺんにぎゅっとやってきて、困惑もしている。どういうことか。わからないけどただ予感だけ。祝福を。祝福を。

ピュアということに惹かれる

物に名前がつく前の物みたいなことを数日のうちにまったく別の関連のところで見てなるほどと思った。なにかの音楽について書こうとして、音に名前はあるのかと。あるよね。でも、それはいつから? わたしは秋から! ^x^秋も深まりを見せてきたのが朝起きて洗濯をするルーティーンのベランダでサンダルをはく瞬間に思われたりだとか、夜中コンビニにたばこを買いにいくときのやけに静かな道だったりとかでわかる。誰も息すらしていない。久しぶりに部屋でひとりでビールを飲んで、その部屋が寒いと感じるふしぶしの既視感がたまらなく懐かしく思えてならず、それはそう、思えば長らくひとりで冷たい床に座って画面に向かう時間もなかったのだなといま思う。どうあれ秋は感傷に響け。朝起きて洗濯をしにベランダのサッシを開くと同時に流れ込んでくる冷気とともに俺の脳内では秒速何センチメートルかのようなナレートがそのうつろいゆく季節のさまを勝手気ままに述べ立てて行くが現実にはなにも俺を物語るものはない。そうはいっても冬はどうでもいいことをうだうだ言いたくなる。夜になると不安になる人種がある程度いる。俺はそんなことないが昨日コメダ珈琲で優雅なモーニングのあと、友人がもう無理なんだと言った。もう無理なんだ。トーストが分厚くてやわらかい、俺も一度はそういうことを言ってみたい。そいつと一緒に常日頃やっているゲームで、言い方は悪いがものすごく下手だと思うやつと2試合連続でマッチングした。おそらく最近はじめたのだろうということが見て取れたが、味方のちょっとしたミスを責め立てるようなチャットが少し気になって、というか相当ひっかかって、それも別に言い方としてはごく平凡なただの指摘にすぎないのだが、どうも俺は気になること/気にならないことのあいまが曖昧で、基準もなく、どうでもいいことがどうでもいいことのはずなのにいやに大きく自分の目に映ったりして、そういうときは気になることとしてこうやって、そのときもひっかかってしまったわけで。下手くそががたがたぬかすな! と自分の腕前は棚に上げてこころのなかでプンプンしていたわけだが、あとでそいつのプロフィールを見ると、プロフィール内の、名前をつけていろいろな設定を保存できるページにそれぞれの用途・場合のバリエーションごとに細かくびっしりしっかりと書きこみがしてあって、そんなの別に気にするほどのことじゃないだろうという設定まで組んであって、整理整頓というんじゃとてもたりない謎のおさまりみたいなのすらあって、こんなの別に気にするほどのことじゃないのだろうが、俺はなぜかものすごく感動してしまったというはなしをいまから書こうと思う。つまり、どこからかの他人の設定の流用なのだろうが、だろうがであるまいが、その多くのページを、いちいち書き込んで、保存して、少し考えたりして、あの一緒に戦ったあのときもそのどれが状況に合っているかそいつは検討したはずで、でも下手くそで、そういうところがたまらなく愛しく思える人間のよいところではないのか? 俺はそいつがそのページをきっちりと埋めるまでのおそらくわずかな尊い時間を思いながらこころのなかのプンプンがきれいに消え去っていくのを感じた。人間、理論立てて言ってみたり、頭ではわかっているつもりでも、実際にできるかどうかはまたわからないもんなんだ。たぶん。わかってるのに、できない。わかってるけど、うまくやれない。なにが本当の「わかる」なのかということはまた置いておくとして、そうやってわかってるけどうまくいかない人間の動きのちぐはぐさがたまらなく愛しい。ノータイムノーライフ。試行錯誤に肉体があるということか。谷内某さん風に今回は終わりたい。そのときのことを思い出す。

自分は、同じことしか言ってないのではないか

この4ヶ月の空白を考えると、いままさにブランクの真っ只中にいるのだなとあらためて思う。それでもいろいろなことがあったが、結局、食って寝て、うんこを生産する以外にしたことはほぼなく、明日からもそのような生活が待っている。日付がこくこくと変わるのを昼頃になって感じいるが、夜中、日を越した頭で考えるそれとじっさいに寝て起きてはじまる日のどちらが自分の立つ生活なのかわからないまま、これは去年も、その前もずっと思っていたことだが、ささいな家事のもとでとてつもない速度で時間が過ぎていき、また夜がくる。そして餌を与えてもらい、酒に酔い、気分が良くなったところで好きなように寝る。ハムスターとどこが変わらないのか。会話はある。Skype、Teamspeakはすばらしい。まったく距離を感じない。距離を感じないといえば、東京のひとたちとも、なぜかまったく離れている気がしない。まだまだ、会えているほうだからだろうか。おなじ東京の、電車でひょいと行けるところにいても、そりゃあ、会うとは限らないし。またおそろしい速度で時間が過ぎるなかで、こんなふうに離れた気がしないと思っていたことが遠景のように、ちいさくちいさくなっていく関係なのだろうか。ツイッターの首がどうにもまわらないらしい。ツイッターがなくなれば、みんなどうするのだろうか。僕らはまた同じように、つぎのあたらしいどこに行くのだろうか。そう思うと、馬鹿馬鹿しい姑息な土壌のうえで毎朝毎晩なにかが流れてくるのを見ているに過ぎないのだなとすこし悲しくなってくる。まえも言ったように、何年もかけて見つけていった人たちに、自分からさよならするのは難しかった。とても。大きな地震があるとどきっとする。こちらもすこし揺れた。遠くで大きな地震があったなと思わせるような揺れ。よく地震ソムリエとかいって揶揄されるが、どのようにその揺れを感じたのか、とっさに言ってしまうこの感じはもう仕方がない。なによりもまずからだが覚えている。ようするにこわいんだ。地図にはけして書かれない人たちを思う。熊本、いろいろなことが着実に進み始めた。これはInstagramにあるとおり。年季の入った柱を見る。庭にあった梅の木が根こそぎとられて、いまごろ、材木チップにでもなっているのか? 春先になると本当に美しい花を咲かせる。それを縁から見てばーちゃんと一緒に桜より梅が好きと言った。あとから業者に聞くと、取っておくこともできたとかなんとか。雨でも降らねえかな。いずれお前が住むのだから、お前の好きな要望があればなんでも言えと言われている。40年後のことが誰にわかるだろうか。本当におれがあそこを終の住処にできるだろうか。そう言われるがまま適当に返事をしてああ夢物語。見通しもなくとうぜんなんの実感もなく。そう思ったとおりにいくわけがないじあゃないか。人生は。ユア・ネームをまだ観ていない。正確に言うと観にいけてない。むしろこれが、なんらかの自分のこだわりである可能性もある。でも、いったいなにの? ポップコーン!

 

部屋にあるものがばらばらでどうにもしっくりこない。片付けではすまないなにか法則が必要。

セーヌのほとり

フランスでは
セーヌ川のほとりの
夕日を照らす美しい石畳が
雨に濡れて光り輝いていますか

それとも帰りを待たれぬ人のように
立つ街灯に
ここまできたとも言わず
フランスでは
まるで遠い国の出来事のようだ
まるで遠い国だ
遠い
行ったこともない
見たこともない
父親は北海道行きの飛行機にはじめて乗ったとき、
窓の外をずっと見つめて
地図のとおりだと思った
なんの地図だろう
ぼくは飛行機に乗ったこともないけど
雲より海を海より陸を
陸より海岸を
見たいなぁ
黄色い本というタイトルの漫画を何かでもらって
いま読んでいる
ぼくに友人はいるだろうかと考える
黄色い本といえば
オールクレイジーオの大洪水
これも剥けば黄色い本
フランスでは大雨
こういうところだね

電子たばこをはじめて吸う機会があった
意外に吸えるね
わかばも290円
信じられるか?
そういう時代なのかな
最近ついついそういう時代と言ってしまう
そういう時代
小山田浩子の工場を読んで頭がパーになりそうだよ
106ページの流れで
たくさんいるというだけだ。で俺、
感動しちゃったよ
たくさんいるということだ。に最初、
空目しちゃったからかな
もしたくさんいるということだ。だったら
俺、感動しちゃったよ
むかし
ひとの詩にあれこれ講釈垂れて
日本語がよくない
俺が書き直すとこうなるなんていって
ブログに書いてる人がいたな
爆笑しちゃったよ
おんなじことか?
まぁでも、それだけだ。

もう20

日記としてはじまったんだということを思い出した
でも毎日つけると自分で自分を監視しているみたいだ
最近はではじめてどの日がどの自分であったか
誤魔化すことでその縛りをなくしていこう
最近は土日を熊本へ行き手伝えることを手伝うことになっている
最近は土日を熊本へ行き何か手伝えることをすることにしているが
いったい何が手伝える?トイレ掃除
最近は祖父の家についたらまず
ぶっ壊れて泥を被った仏壇から救出した
先人三名の遺影と位牌が茶の間のつくえに並べてある
その前に座ってちーんを二回鳴らして
最初は弱く、あとは強く
たばこを咥えて胸元のライターで火をつける
屋内で火を使うのは何かがあったときに不安なので
最近は線香もあまりまっすぐ立てずにすぐ消えるようにする
最近は意外と敬虔なのだな俺は
わからないものだが損をすることもないだろうという優しい気持ちになってくる
そういう気でいると親父が家にある神棚にも是非と言うので
それも風呂上がりが良いというので
最近は風呂上がりの直後なにをしているのか?
思い返してみると化粧水をバシャバシャやっているんだな、最近は
むかしから乾燥肌なもんで
それで神棚に二回手を叩いて
祈りを捧げようって間にも乾いていく俺の
陣地ってもんがよ
最近は少し暇があれば海を見に行く
嘘だけどね
海に飽きたら海の近くの図書館に行く
なんにもない街なのに
最近は修学旅行生がちらほらといるみたいだ
何かがある街から連れてこられてるんだろうな
かわいそうに
真っ昼間に海なんか見て
この景色は夜に見なければ意味がないのに
最近はよくうどんを食う
最近は夜に友人と海辺を走り、そのまま
うどんを食って帰りたくなる
ちょっと飛ばして走っただけで
吐きそうなくらい苦しくなる
うどんも食えない
最近は昼に起きて洗濯物を干す
最近は朝起きて本当は起きるというのは間違っている
目が覚めた時がそのときだと思う
間違っている
最近は電車代が高いからびっくりする
最近、久しぶりに自転車に乗って
その音があんまりにも心地よくて
録音して聞いていたくなる
最近は知り合いから仕事をやめたと伝えられる
最近は大変だと思う
日差しが強い
テレビでも言っているとおり、いま熊本はアパートが見つからない
祖父がなんとか見つけて、もとの家から
30分ばかりあるところにあるアパートへと
毎日寝に通っている
最近は移ったそこいらが震源地なことが多く、笑える
最近は新しいメガネを買った
お仕事は、どういう、と声をかけてきた店員に失うことすらできないんですと言うわけにもいかず
ほいほいと持ってこられたものを一点一点説明を聞き
優しいイメージ、優しいイメージと繰り返されながら
ご試着的数十秒が過ぎ、そも視力が悪いのだからご試着メガネをつけた自分がほぼ見えず
最近は家について鏡を見ると
もっと楽な方法はないのかという気分になってくる
店内の照明が明るすぎるのではないか
眩惑だ
最近はイメージとかけ離れている
最近はなんの映画もみていない
最近は数えることをやめた
最近読んだ本がどこかにいった
どこにいっちまったんだ
ええと? どこまで来たんだっけ

0427

書いてるか?
と聞かれていたのでここにする
そもそも
書いていたことがあっただろうか?

実家にいても俺のルーティーンは止まらない
図書館の延滞も止まらない
窓口の姉さんが申し訳なさそうに言うから
すんまっせんって聞こえるように言って立ち去る
重版出来の後半に文字が読めない
意味もしらない
ドラマも見てない
まいしゅう日曜日
親父が絶対にカレーをつくる
バラ肉 牛スジ 厚揚げ豆腐
これがまたうまい
それをあてながら真田丸をみる
レッドアイを飲みながら、
うまく行けば4時まで飲むし
うまく行かない日もある
早起きだけでもしようと思ってアサろくじに
目覚ましがなると
誰だこんな設定にしたのはと信じられないくらいに腹が立つ
たばこを辞めようかとおもうときも重なる
朝、どうしても起きなければならない朝
みんないやいやでそれでも起こしている朝
いまこの瞬間に起きたら俺は寿命を縮めてしまう
そんな明確な予感とともにからだが弱く震えるのを感じる
なにかの病気かもしれない
ハムスターに餌をやると、喜ぶ
洗濯は完全に俺の領分になってしまった
そのかわり、必要な道具は準備してくれる
ベランダからはマンションの建設現場が見える
近くにできたまた別のマンションから怒る声が聞こえるので
そっちを見ている
母親が疲れて帰ってくるとたまに皿を洗ってやる
風呂も沸かしているので入ってくればいいと思う
洗濯物もたたんでたばこ臭くならないようにどこかに入れる
意外と俺はマメなのかもしれないが
毎日朝起きてどうのこうというのがなんだかほんとうに無理な話のような気がしてきた
漫然と改行するのはとても楽でいい
書いてるかどうかの話だったな
最近俺は翻訳をしている
むこうの言語で書かれたちょっとしたコラムを
日本語に訳すのだ
英語っていうのはつぎつぎに追加情報が後からついてきて
なるほど、話はわかるのだが
日本語に治そうとするとなかなか骨が折れる
わかりやすくいうと、
(〜〜という)AがBした
これでいいだろ
なんとなく絵になった
ほんとうにどうでもいい
誰からも要請されていないことを
勝手にするのがいちばんいいね

無題

良いことと悪いことが同日にやってきた
最初は祝福の表情で、後からは憤怒のそれで
最近といったら安ウイスキーの水割りにも少し飽きて
ビールもどきにトマトジュースの組み合わせ
これも長く飲めるし悪酔いもしない
いったいどうしたらいいのだと思うことだが
実はまだまだ言えていないこともある
なるようになったときに明るみになると思う
さて一年近く暮らした人がしばらく西方へ旅に行ったので
ここ何日か部屋の掃除をする
ものに統一感はずっとなかったが、よく見ると
嫌っていたカーペットも
げんに埃の被ったぺら板の家具類もすべてが愛おしい
ものが多いと本人は嘆いていたがむしろ
よくそれが収まっていると思う
静かにそこにあるという感じがする
抽斗、棚の奥に雑然と置かれていた小物をどうするか
もちろん俺のものではないので捨てずに
それをどう置くか、とっておくかということだ
なんに使うかもわからないものもある
いや壊れたり欠けたりで使えないものも多い
そもそも使うためのものではないものばかりだ
では何故それを大事にしまっておくのか
飾っておくのか
静かに置かれるためにあるもの
こういうことは俺にはできないが
しまうという動作そのものが美しいんだ